はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

1月 31 2012

ネオラインはどこに向かっているのか

以前も書きましたが,ネオライングループは犯罪ではないものの,民事的にはなかなか際どいことをやってくる会社です。

分かり易く言えば,業績の悪い貸金業者をタダ同然の値段で買取り,過払いは基本的には無視するか極めて少額の返還,借入が残る場合は訴訟をしてでも利息まで付けてきっちり全額回収,という会社です。

 

もうちょっと具体的な数字を挙げると,

貸付金額100億円
過払い債務300億円

という消費者金融があったとします。貸付金が100億円に対し,過払金としてお客さんに返さなければならないお金が300億円ですから200億円の債務超過の業者であり,いつ破産してもおかしくありません。
そのような業者をネオラインは買い取ります。そして,貸付金については,ガンガン訴訟等をし,例えば80億円を回収し,過払い債務は基本的には,判決でも無視,和解は5%とかなので,300億円のうち多めに見ても30億円程度しか返還していないと思います。そうすると,債務超過だったはずなのに80億円から30億円を差し引き,50億円が儲かる事になります。

旧社名で言えば,リッチ(クラヴィス),ワイド(アペンタクル),トライト(ヴァラモス)等,多くの業者がこのような感じになっており,正直なところ,ネオライングループに譲渡されると,過払金は回収できたらラッキーだと思ってください,という感じになっています。

 

そんなネオライングループが本日のプレスリリースで,さらに上記の会社を第三者に譲渡したそうです。
プレスリリース(PDF)

あくまで一般論ですが,こういった会社が全株式を譲渡する場合,誰に譲渡したのかも記載しますが,単に「第三者」としており誰に譲渡したのかわかりません。また,つい昨日,上記の業者と電話をしたときも「当社はネオライングループですので,なかなか和解できないんですよね。また,稟議を上げてから連絡します。」みたいな話をしていたくらいなので,おそらく社員も知らなかったのでしょう。

骨の髄までしゃぶりつき,身が無くなると誰かに譲渡。そして,社員も知らない。

いいんでしょうかねぇ,こんなの。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.