はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

9月 12 2012

無担保→不動産担保の取引の最高裁判決

無担保取引から不動産担保取引に変わった場合,無担保取引で発生した過払金を不動産担保取引に充当できるか,すなわち,一連計算ができるか,という争点について問題になっている旨の記事を先日書きました。
記事 

 

そして昨日,この問題に終止符を打つ最高裁判決がありました。
最高裁サイト
判決全文(PDF) 

 

結果から申し上げると,原則として一連計算はできない,というものでした。 

 

まず,本件訴訟の事案の説明から。

 CFJを含む複数の業者から借りていたのをCFJの不動産担保ローンでいわゆる「おまとめ」をした。その際,借主が実際に受け取った金額は,CFJの無担保取引による債務分を差し引いた分しか受け取っていない
 CFJの不動産担保取引は,これまでのリボではなく証書貸付だった。
通常の消費者金融との取引はカードによって借りたり返済したりを繰り返すリボ取引が主流なのに対し,証書貸付とは,住宅ローンのように最初にドカンと借りてその後はずっと返済をするというもの。
 「おまとめ」をしたのは平成11年頃であるため,もし一連計算が認められなければ従前の無担保取引によって発生した過払金は消滅時効が完成しており請求できなくなる。なお,「おまとめ」によって完済した他社については消滅時効が完成しているため,請求できないことは確定済み。

というものです。

 

以上の状況で,最高裁は無担保取引と不動産担保取引は一連計算できないと判示しました。その理由をざっくり記載すると,

 

「無担保取引はリボであるのに対し,不動産担保取引は証書貸付であるため,あまりにも契約形態が違いすぎる。したがって,例え,CFJの無担保取引の残債務分を控除された等の事情があったとしても,一連計算はすべきではない。」
また,田原裁判官の補足意見ではありますが,「もし一連計算できるとすると,他社へのおまとめ分を融資してあげたCFJは平成11年より前の分についても過払金を返還する義務があるのに対し,おまとめによって完済された他社については消滅時効により過払金を返還しなくても良いのであるから,衡平の観点から問題がある。」

 

というものです。

これにより,無担保リボ払い→不動産担保(証書貸付)という事例においては,一連計算はほぼ不可能になったと思います。

ただし,本判決においては,一連計算できる例外も併せて判示しています。

1 不動産担保取引も無担保取引同様,リボ払いだったような場合
これは,単に担保があるか無いかというだけで,証書貸付のように契約形態が大きく変わるものではないため,一連計算できる余地は十分にあります。

2 不動産担保の契約がなされた経緯,その後の取引の実情等の事情を踏まえ,無担保取引と不動産担保取引が事実上1個の連続した取引であることを前提に取引をしていると認められる特段の事情がある場合
こちらについては,田原裁判官の補足意見に具体例が記載されております。
証書貸付だった場合には基本的に初回にドカンとお金を借りてその後は返済をするのみとなりますが,一定額まで返済されると,再び追加貸付が予定されているような場合には,上記1と実質的には同じであるため一連取引であると評価できる余地がある
同じ業者と複数の取引があり,これをおまとめした場合や親子・兄弟等が同じ業者から借り入れてる場合に,その内の誰かがおまとめをしたような場合には一連計算できる余地がある

というものです。

しかしながら,①については,証書貸付なのに追加借入が予定されている取引というものはそれほど多くないと思われますし,②についてもCFJや三菱UFJニコスのように合併を繰り返している業者であれば同一の業者で複数の取引が存在するということはありますが,一般的なおまとめの事案としては,複数の業者の債務を特定の業者1社にまとめるためにするのであって,特定の1社のみの複数の取引をその業者の不動産担保取引でそれをおまとめするというケースはそれほど多くないと思われます。

以上から,無担保取引(リボ)→不動産担保取引(証書貸付)の場合には,ほぼ一連計算はできないものと思われます。

なお,本判決が出て良かった点もあります。それは,上記のとおり,無担保取引(リボ)→不動産担保取引(リボ)の場合は,不動産担保の部分は大した問題では無いと判示した点です。
つまり,アコムやアイフル等,不動産担保取引のリボという契約は結構あるため,そのようなケースにはむしろ有利になる判決だと思います。

もっとも,当事務所がご依頼を受けていたケースでは,不動産担保取引は証書貸付であるため,本判決により一連計算はできないことになってしまいましたので当事務所の依頼者にとっては良い判決では無いんですけどね・・・。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.