はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

2月 16 2009

アエルの再生計画案

昨年2月に民事再生の申立を行ったアエルから再生計画案が送付されてきました。以下,超簡単に概要を記載いたします。

<民事再生に至った原因>
過払金返還請求の急増及びサブプライム問題を契機とした世界的な金融危機により資金繰りが悪化した。

<今後の収益について>
債権回収業務を行い,その報酬を原資として弁済していく。なお,民事再生とは言っても,債権回収業務が終われば会社は存続しなくなるので,実質的には清算に向かっている手続である。

<財産及び負債状況>
総財産は約91億円に対し,負債は約1200億円であるため,仮に破産を選択した場合,債権者(過払金返還請求権も含む)に対する配当はゼロである。

<過払金の取り扱いについて>
(1)弁済率
弁済割合は5パーセントであり,一括弁済である。ただし,認可決定確定の3年後に追加で弁済する可能性がある。

(2)取引履歴の開示等
取引履歴の開示は請求があれば行うが,アエルから積極的に連絡することは無いし,引き直し計算等は行わない。これは,アエルが自ら行おうとすると20年以上かかり,事実上不可能である。また,一部の完済した顧客に対して通知を行ったが,逆に督促などと勘違いされ,実際に顧客,消費者センター,警察からの苦情が殺到したからである。

(3)潜在的過払金返還請求権の取り扱い
現在,過払金返還請求を行っていなくても,今後アエルが存続している限りにおいては,認可決定で認められた割合に従って返還する


という内容です。同じように民事再生を行ったクレディアは30万円以下は全額,それ以上も40パーセントという割合だったため,それと比べると,かなり低いように思われると思います。
しかし,クレディアは,かざかファイナンスというスポンサーがつき,現在は「フロックス」として,貸し出しも行っています。それに対し,アエルはスポンサーがおらず,実質的には清算型である以上,破産と殆ど変わりませんし,今後の業務についても譲渡担保に供した債権回収を行い,その回収業務の報酬しか収入源が無いわけですから,正直,破産でもおかしくありません

よって,私の個人的な考えとしては,5パーセントでもやむを得ないのではないかと思っています。


なお,上記の概要は私が再生計画案を見て,端的にまとめたものであり,細部については誤っている可能性もあります。正確な情報は,アエルから送付される再生計画案をご覧ください。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.