はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

2月 21 2014

過払金発生後に再び借り入れが残る場合の利率

先日,アイフル(旧ライフ分)との訴訟で,過払金発生後の利率についての判決をいただきましたのでご紹介いたします。 
 

内容としては,継続的に取引をしており,いったん過払いとなったものの,その後借り入れを継続したことによって債務が残った場合,その債務に対する利率はいくらか,という問題です。 
 

前提として,利息制限法の下記の区分が必要となります。 
 

①10万円未満の借入れ→最大20%
②10万円以上100万円未満の借入れ→最大18%
③100万円以上の借入れ→最大15% 
 

具体的な数字を例に挙げると,平成26年1月31日時点で,約定利率で計算すると30万円の借り入れが残るが,法定利率で計算すると3万円しか残っていなかったとします。同日,5万円返済したとすると,実際には2万円の過払いとなっています。そして,2月28日に10万円を借り入れた場合,(過払い利息を考えなければ)8万円の債務が残ることになりますが,この8万円に対しては何パーセントの利息がかかるのかという問題です。 
 

この点,アイフル側は,こちらの最高裁判決(平成25年7月18日判決)を引用し,実質的に借り入れたのは8万円だから20%(上記①の区分)で計算すべきだと主張しています。 
 

これに対して,先日いただいた判決は20%ではなく18%であると判示しました。 
 

[#IMAGE|e0093884_23123488.jpg|201402/21/84/|mid|1486|2058#]
[#IMAGE|e0093884_23124656.jpg|201402/21/84/|mid|1486|2058#]

 

上記判決をざっくり解説すると,上記とは別の最高裁判決(平成22年4月20日判決)を引用し,いったん利息制限法所定金利が低いゾーン(②の区分)に入った以降はその後に返済をして高い利率のゾーン(①の区分)に入っても利率は変わらないから,本件取引においても18%となったものが20%になることはない,というものです。
 

つまり,本件においては,いったん10万円以上の借り入れとなっているため,18%が上限金利となりますが,この上限金利は,返済によって10万円未満となったとしても20%になるのではなく18%のままなので,過払金発生後に借り入れをして,その時点での残債は8万円だけど18%のままだよ,ということです。 

もし,上記の例で2万円の過払金が発生している段階で100万円を借り入れた場合は平成25年7月18日最高裁判決の通り,実質の借入額(元本)は100万円ではなく98万円なので15%ではなく18%になりますが,まったく事案が異なります。
 
 

ということで,これをまとめると,
 

過払金発生後に借り入れをした場合,借入額が下の区分(例えば100万円)の借り入れをしたとしても,過払金充当後の残債が上の区分(例えば98万円)の残債しかない場合には上の区分の利率(例えば18%)である。
 

過払金発生後に借り入れをした場合,借入額が上の区分(例えば8万円)になったとしても,上の区分の利率(例えば20%)に変更されるわけではなく,もともとの下の区分の利率(18%)のままである。
 

ということになります。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.