はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

8月 19 2014

過払金の着服など

1:42 PM お知らせ

本日,こんな記事がありました。

返還過払い金、弁護士らの着服横行か 「全国45件」消費者金融が抽出調査 

ざっくり記事の内容を説明すると,「大手消費者金融が調査したところによれば,同社が弁護士や司法書士に返還したにも関わらず,その依頼者とされる方に確認すると返還されていなかったり,それどころか依頼すらしていないようなケースがあった」というものです。 
 

まず,この内容が事実であれば,大問題であり当該弁護士等は厳しく処分されるべきものです。
 

実は,名古屋でも,とある司法書士が消費者金融と和解した際の「和解書」の金額部分を修正(例えば100万円の返還のところ50万円に修正するなど)し,さらに,それをコピーしたものを依頼者に返却するなどして差額を着服といいますか,横領したというような事件がありました(当該司法書士は自ら警察へ出頭し,司法書士も廃業しました。)。
 
大多数の弁護士や司法書士はこのようなことはしておらず,極々一部の弁護士や司法書士の行為によって「過払い請求をしている弁護士等はみんな横領等をしているのではないか」と思われるのは大変残念です。少なくとも記事にあるような「横行」という言葉はかなり語弊があると思います。
 

なお,当事務所では下記のようにしておりますので,そもそも横領や着服はできないようになっています。
 

①和解する場合には事前に確認や報告などを必ずします。

→いかなるケースにおいても私が勝手に和解することはなく,事前に○○万円で和解しても良いですか?と確認し,その了承をいただいてから和解しています。もっと言えば,交渉の過程についてもすべてお伝えしています。
なお,事前に「○○万円以上であれば和解しても良い」とご要望を伺っている場合には確認することなく和解することがありますが,それでも必ず事後に報告をしています
 

②和解にしても,判決にしても原本そのものをお返しいたします。

→和解した場合には,「和解書」という書類に私と相手の業者の印鑑が押してあり,裁判所で和解した場合には和解調書(和解決定書),判決の場合には判決正本に裁判所の印鑑が押してあります。これらの書類の原本を依頼者の方には返却いたしますので,数字だけ修正するなんてことはできません。
 
 
③返還後,速やかに送金いたします。

→「全部の手続が終了してから返還する」という方針を取られている事務所もありますが,当事務所では業者から過払金が返還され次第,速やかに(遅くとも翌営業日までに)送金致します。依頼者の方としても,すぐにお手元に返ってきた方が良いと思いますし,当事務所としても人様の大事なお金を意味もなく預かっていたくないからです。逆に言えば,返還しない理由がある場合にはすぐにお返ししないことがあります。一番よくあるのは,返還された過払金で借入が残っている他社への返済をする場合です。この場合は,他社への返済に使ってしまいますので,お返しできないことになりますが,それでも余りがある場合には速やかに返還致します。
 
 

ちなみに,この調査を進めたのが「大手消費者金融」となっております。私はこの会社がどこの会社なのかは知っていますが,具体名を出すわけにはいかないので仮にA社とします。

実は,当事務所の過去の依頼者にもこのA社から連絡があり,「本当にはなみずき事務所に依頼したのか」,「過払金は返還してもらったか」など質問を受けたそうです。当然,ちゃんとご依頼をいただいて進めておりますし,過払金も返還しておりますのでまったく問題ないのですが,A社からこのような質問を受けたことで,当事務所宛に「もう忘れようとしているのに,なんで過去のことをA社から質問されなければならないのか!」というクレームの電話がかかってきたことがありました。しっかり状況を説明をしたので最終的にはトラブルなどはありませんでしたが,依頼者にとっても当事務所にとっても意味もなく時間だけ取られるのでデメリットしかありませんでした。

確かに,A社が調査したことで,45名の依頼者について良くないことをしていた弁護士や司法書士がいたわけですから調査の意味はあったのですが,残る約2400名以上の依頼者からご依頼を受けていた弁護士等については問題が無かったわけですので,そのまっとうに手続を進めていた弁護士等からしてみたら迷惑なことこのうえありません。

最後に,A社は大手ではありますが,過払金をまともに返還しないことで有名な会社です。極端な話になってしまいますが,このA社自らが過去の顧客に対してそれまでに受領していた過払金を自発的に返還すれば弁護士等の着服なんてことはあり得なくなるんですけど,それは絶対にやろうとはしないんですよね・・・。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.