はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

1月 18 2008

基本契約が異なる場合,充当計算は絶望的に

久しぶりに,過払いについての最高裁判決がでました。

最高裁サイト
判決全文
中日新聞記事

内容としては平成19年2月13日判決とほぼ同じ内容ですが,改めて,「原則として基本契約が違う場合は,充当計算を認めない。」という判断がなされてしまいました。
よって,今日現在で言えば,平成10年1月18日以前に完済し,以降再契約して借入等をされている場合は,当然充当されない結果,平成10年1月18日以前に発生していた過払い金は時効により消滅してしまうことになります。
なお,あくまで「完済して別取引」の場合であり,平成10年以前からずっと取引が続いているということであれば,当然ながら充当計算を行います。

まさに,このようなケースの事件があり訴訟をしようかどうか悩んでいましたが,やはり躊躇せざるを得なくなってしまいました。

基本契約が異なる場合は勝訴が難しく,仮に勝訴しても支払わない。支払わないから差押えても口座には預金が残っていない。いよいよ難しくなってきました。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.