はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

4月 08 2011

丸和商事(ニコニコクレジット・アイリス)倒産

丸和商事(ニコニコクレジット・アイリス)が本日民事再生の申立を行い,事実上,倒産いたしました。
丸和商事HP
ニュース

 

これについて,現時点で分かる情報を記載いたします。

 

1・現状の把握

<現在ニコニコに借入がある方>
まず,ニコニコクレジットのATMで残高を確認してください。
ニコニコのHPによれば,ATMでご確認いただくと現在の正しい金額が表示されるとのことです。
なお,ニコニコのATMがお近くにない場合は,「0120-256-925」にお電話いただければ現在の残高を教えてもらえるそうです。

 

正しい利息で計算した結果,過払いになっていた場合
この場合,借金は無くなっておりますので今後ご返済される必要はありません
また,過払金が発生しておりますので,今後の再生手続内もしくは再生手続終了後に請求することで返還されることとなります。

正しい利息で計算した結果,借入が残る場合
この場合,その残った金額については,これまでどおり返済していく必要があります。ニコニコの民事再生により借金がなくなるということはありません。

<すでに完済されている方>
上記①のとおり,過払金が発生しておりますので,今後の再生手続内もしくは再生手続終了後に請求することで返還されることとなります。

なお,上記の再計算に当たっては,基本的に一連計算を行い,かつ5%の利息を付加して計算するとのことですので,お客さんにとって一番良い計算方法だと思われます。

 

 

2・過払金の返還額について

ニコニコが民事再生の申立をしたことにより,残念ですが過払金の全額が返還されることはありません
これは,すでに判決を取っていたり,裁判上・裁判外ですでに和解しており,返還される期日が決まっていたとしても同様です。さらに,判決や和解に基づく強制執行をすることもできません。
では,どれくらいの割合が返還されるかというのが今後最大の関心事となりますが,これはニコニコにいくら財産があるのか,逆にいくら支払わなければならないのかを調査した結果決まりますので現時点ではわかりません。
過去の民事再生を申立てた業者の例から行くと,同じ静岡県に本社を置いていたクレディア(現・フロックス)は40%と比較的高い弁済率でしたが,アエルは5%しか返還されませんでした。

 

なお,ニコニコが民事再生の申立に当たって,すでにスルガ銀行が支援するという内諾が得られているそうですので,そこそこの割合が提示されるかもしれません。

 

3・どうすれば返還されるのか

ニコニコクレジットは,すべての過払金について再生計画案に基づいた支払いをするとしておりますので,債権届出書を提出した場合はもちろん,仮に債権届出書をニコニコに送付しなくても,再生手続が終わったあとに請求すれば,決まった弁済率に応じて過払金は返還されます
先日会社更生法の申請をした武富士の場合,平成23年2月末まで(その後延長)に債権届出書を武富士に送付しないと失権してしまい過払金が1円も返還されませんので,債権届出書を送るのを忘れていた場合や会社更生手続が終わったあとに武富士に過払金があることに気付いたとしても残念ですが返還されないことになります。
この点においては,武富士よりもニコニコの方が過払金を持っている人に対して良い手続だと言えます(もっとも,クレディアやアエルも同様に返還されますので,むしろ武富士の方が例外と言えるかもしれません)。

ただ,クレディア(フロックス)に関して言うと,民事再生に基づく支払いについて「判決等で金額が確定してから3ヶ月後」としていたため,金額を確定させるために結局訴訟をしています。しかもクレディアは判決に対して控訴,上告してきますので,実際に支払われるまでに1年以上かかるケースもあります。これもひとえにスポンサーであるネオラインの指示によるものであり,スポンサーがどこになるかはかなり重要です。

今回,スポンサーがスルガ銀行とまともな金融機関ですので,クレディアのような不誠実な対応はせず,すんなり返還してもらうことを願うばかりです。

 

以上が現時点でわかる情報となりますが,今後も新たな情報が入りましたら順次更新して参ります。

2コメント

2 コメント to “丸和商事(ニコニコクレジット・アイリス)倒産”

  1. 吉村順典2011/04/09 at 4:08 PM

    わたくしは、同社に約20万ほどの先日過払い分の請求(2年前に完済)をすべき「取引履歴」の掲示を求めていたところです。同社は、当手続きには、「時間がかかり、郵送にて送るまで1ケ月程度時間が欲しい」と言っているなか、新聞で同社の再生手続を知りました。従って、正式な過払請求には至っていません。また、弁護士・司法書士に依頼せず、独自で行う予定で、今後どうなっていくか非常に心配です。

  2. hanamizk2011/04/09 at 4:32 PM

    再計算についても丸和の方で一番こちら側に都合の良い計算をしてくれますし、基本的には債権届を出せば後日返還されますので、特段、弁護士等にご依頼される必要はないと思います。ただし、上記のとおりかなり減額されてしまいますが・・・。

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.