はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

7月 07 2011

「CFJはマルフクの過払金を承継しない」という最高裁判決

先日も同じような最高裁判決がありましたが,今回も同じような判決です。

 

3/23のブログ記事
3/22の最高裁判決(PDF) 

 

上記判決は,タイヘイでしたが,今回の判決はマルフクからCFJに債権譲渡されたものになります。
第一審(岐阜地裁)
原審(名古屋高裁)
最高裁サイト
判決全文(PDF) 

 

基本的には先日の判決と同じで,「譲渡契約において,譲受人である貸金業者が譲渡人である貸金業者から何を承継するのかは業者間の契約内容によって決まるところ,マルフクとCFJ(ディック)との間で債権の譲渡契約がされた際に,過払金返還債務は除外する旨の規定があるんだから,いくら借主とマルフクとの間で過払金充当合意があったとしても,CFJ(ディック)はマルフクの過払金債務は承継しない」というものです。

 

この判決は前回のタイヘイの判決を引用しているので,この判断はまず揺るがないと思われ,タイヘイやマルフクと取引をしている途中にディックに譲渡されたものに関しては,かなり厳しい展開になると思います。
なお,あくまでディックが承継しないというだけであって,それまでに発生したタイヘイ,マルフクに対する過払金が無くなる訳ではありませんが,現実的に回収するのは難しいと思います。

 

似たような問題のプロミス,クラヴィスの債権切替問題はむしろ借主側に有利な判決が出そうであり,件数としてはこちらの方が多いと思われることから,こちらの最高裁の判断をかなり期待して待っているとことです。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.