はなみずき司法書士事務所
E-mail   プライバシーポリシー

気まま

12月 24 2015

債務整理後の住宅ローンの申し込み

正直なところ,結論としては「よくわからない」なのですが,よくご質問いただくことであり,先日もご質問いただいたためまとめてみたいと思います。

job_ginkouin

 

いわゆるブラックについて

 

過払い請求を除き,債務整理を行ってしまうといわゆるブラックになってしまいます。

「ブラックになる」というのは,信用情報機関が扱っている信用情報に事故情報が載ってしまうことを指し,融資等の申し込みをした場合には,申し込みを受けた金融機関等は信用情報を見て融資するかどうかを判断します。その際に,事故情報が載っていた場合は,まず間違いなくその理由だけで融資の審査は通りません
 

【信用情報機関】

信用情報機関は大きく分けて3つあり,銀行系,信販会社系,消費者金融系になりますが,完全に分けられているわけではなく,重複して情報が掲載されていることもあります。

銀行系→全国銀行個人信用情報センター

信販系→CIC

消費者金融系→JICC
 

【事故情報】

長期(3か月)の延滞,任意整理や自己破産等の債務整理,保証人等が返済した際の代位弁済などが情報として登録され,5年程度経過すると抹消されます。 
 

住宅ローンの審査

 

住宅ローンに限らず,融資等の申し込みを受けた金融機関は融資の可否についての審査を行います。

審査項目は各金融機関によって異なりますが,通常は,申込者の情報(年齢,年収,勤務先,勤続期間,家族構成等)はもちろんのこと,申込者の信用情報,ローンの金額,購入される物件の価格や立地,頭金の有無などを総合的に考慮して融資をするか否かの判断を行います。
 

この点,確実に言えることは,過去に債務整理をした方は債務整理をしてからあまり時間が経っていないとブラックのままですので,収入等の他の状況に関係なく審査は通りません。さらに,ブラックになっていないことは大前提として,それ以外の状況によってはブラックになっていなくても審査が通らないということは当然あり得る話です。
 

ただ,一般的に金融機関の担当者の方はなぜ審査に落ちたのかを教えてくれませんので,ブラックだったのであれば理由は簡単ですが,それ以外だと実際のところ何が問題だったのかはわからないことの方が多いものの,金融機関の担当者が教えてくれない限り審査に落ちた理由を知るすべはありません・・・。 
 

金融機関ごとの差

 

審査する金融機関はそれぞれの審査基準がありますので,とある金融機関では審査が通らなくても,別の金融機関では審査が通るということは普通にあります。そのことを指して,「審査が甘い」とか「審査が厳しい」という表現がありますが,私が司法書士という関係上,住宅ローンに接する機会が多いため審査の差を肌で感じる部分はあります。
 

例えば,名古屋に唯一あった都銀さんの流れを組む某銀行さんは,「なぜこの収入でこの金額のローンが通ったのだろう・・・」と思うようなケースをたまに見かけます。また,もう7~8年くらい前の話になりますが,当事務所で債務整理をされ,最終的には返還された過払金で他社の残債務を完済された方が,債務整理の2~3年後にこの銀行さんで住宅ローンが通りました。債務整理をして2~3年では事故情報は消えないのに,なぜ組めたのか今でもよくわかりません。なお,この方以外の方は債務整理後5年以内に住宅ローンの審査が通ったという話は聞いたことがありませんので,たまたま情報を見落としたのでしょうか?
 

また,岐阜県にあるちびっ子がダンスをしているCMなどで有名な地方銀行さんは,他の金融機関は通ったのにここだけ通らなかったというお話をよく聞きますので,かなり厳しいと予想されます。ただ,この地方銀行さんが特別金利が低いという訳でもなく,この金融機関にこだわる理由はあまり無いように思います。
 

他にも,岐阜県東部に本店のある信金さんは,比較的審査が緩めの独立系の保証会社を使っているので,「ここがダメなら他もダメだ!」という感じで最終手段として審査を申し込む方が多いようです(保証料等の諸経費がちょっと高いみたいです。)。 
 

最後に

 

ということで,ブラックになっていなくても審査が通らないことは当然ありますし,各金融機関によって審査基準も違いますので,ブラックになっていないのに審査が通らないという方は,むちゃくちゃな申込み(例えば,年収300万円で1億円の融資を申し込む等)でない限り,一度の審査不許可にめげずに別の金融機関にチャレンジされることをお勧めします。
 

もっとも,「審査の申し込みをした」ということそれ自体も信用情報に残りますので,審査申し込みの乱発するのは避けた方が良いと思います。

コメントは受け付けていません。

9月 08 2015

大槌町及び南三陸町に行ってまいりました。

※今日の記事は,業務とはまったく関係ありません。予めご了承をお願いいたします<(_ _)>

 

 

昨日は臨時のお休みをいただき,9月6日と7日に東北地方の三陸海岸の自治体に復興支援のお手伝いのために行って参りました。

 

先の記事にも書いておりますが,国や自治体,また私が所属する司法書士会等の公的なところの主催ではなく,知り合いの社長さんが個人でこれまでにも何度か東北各地で炊き出しを行っているもので,第1回開催時は現参議院議員のアントニオ猪木さん,今回はラッツ&スターのクワマンこと桑野信義さんも参加されていたようです

今回の炊き出しは,クラウドファインディングのマクアケを利用し,皆さんからの資金援助はあったもののそれでも数百万円単位で持ち出しているそうで,少しでも助けになればと思い足手まといにならないようお手伝いに行ってまいりました。

 

 

岩手県大槌町


社長さんたちは,8/25に名古屋から東北へ向けて出発し,福島県の南相馬市から炊き出しをスタートされていましたが,私が参加させていただいたのは9/6の岩手県大槌町からでした。

大槌町と言えば,町長さんを始め,課長職以上の方が全員津波で犠牲になってしまい,町として機能不全になってしまったこと及び津波が引いた後のビルの上に船が止まっているという映像が衝撃的でした。

 

【地震】民宿の上の観光船解体へ 岩手・大槌町(Youtube)

 

今回,私が参加させていただいたのは,大槌町内各地に設けられた仮設住宅団地のうち「小鎚第8仮設団地」というところでした。

DSC_2525

↑ 小鎚第8仮設団地

 

 

当日の炊き出しの様子はこちら

こちらの自治会長さんにお話を伺ったところ,このような仮設住宅の団地が全部で48か所あり,少しずつ入居されている方は減ってきているものの,それでも当面の目標であった震災から5年で全員が仮設住宅から卒業するというのは極めて難しい状況にあるそうです。  この「5年」というのは,阪神大震災における仮設住宅を最後に退去された方が5年だったこと及び各自治体が5年を一応の区切りとの方針を定めたことによります。

 

すでに,震災から4年半,恐らく入居が遅い方でも丸4年はお住まいになっていると思いますが,移り住もうにも移る場所がないため現状を打開するのはかなり難しいようです。

 

その他,伺ってみて初めて知ったことをいくつか記載いたします。

 

(1)このような炊き出しについては,否定的な自治体(役所)も多い。

無料で支援してもらうことに慣れてしまう住民の方も多くなってしまい今後の生活の自立に支障が出るから,とのことでした。ただ,中には無料はダメだけど100円など少額でも良いので料金をもらってもらえれば大丈夫という自治体もあるそうです。

 

(2)実は,震災の直前である3/3に大槌町では大規模な避難訓練をしていた。

2011年に限らず,毎年3/3に避難訓練をしているそうです。というのは,昭和8年3月3日に起きた昭和三陸大地震でもこちらの地方には大津波が来ており,それを忘れないようにということで毎年3/3に避難訓練をしているようです。 この時のことを自治会長さんに伺うと,訓練をしたのは土や瓦礫に埋まってしまった人たちを助けるためスコップなどを使って助け出す訓練だったそうで,「逃げる」というのは無かったようです。
 
この地方には,昔から地震が来たら「とにかく逃げろ。そして何があっても戻るな。」という言い伝えがあるようで,自治会長さんも着の身着のまま高台にある幼稚園に逃げて難を逃れたそうです。自治会長さん曰く,スコップで掘り出せるような訓練なんてある意味パフォーマンスであり,純粋に「ただただ髙いところへ逃げる」ということをもっと強く言っておくべきだったと後悔されていました。

この教訓は,近い将来必ず起こると言われている東南海大地震に備えて,静岡県,愛知県,三重県など太平洋沿岸部にお住まいの方は心に刻んでおくべき言葉だと思います。

 

(3)1~2メートル底上げして,そこにまた建物などを立てる予定。

現在,国や県が主導して,もとの町に盛り土をして底上げし,そこに再び家を建てる計画があるそうです。もちろん,盛り土以外にも堤防を高くするなどの対処もするそうですが,堤防を高くすることによって,逆に津波が来ていることに気付きにくくなると懸念されていました。何より,1~2メートルだけ底上げしてどうにかなるとも思えず,地元住民の多くの方が家を建てるにしても高台が良いと思われているそうですが,国や県が主導しているのでなかなか話が進まないというようなことを仰っていました。
 
 
 

メディアで得る情報より多くの,かつ,深いお話が聞け,やはり現地に行ってみなければ何もわからないものだと再認識しました。

その後,旧大槌町役場や線路が流されてしまい今は使われていない駅,その線路沿いに建っていた昭和8年の地震の際の碑などを見学し,宮城県へ向かいました。

DSC_2529

↑ 旧大槌町役場庁舎。短針が無いので時間はわかりませんが,津波が到達したとされる(15時)20分で長針は止まっています。

DSC_2532

↑ 途中の線路が流されてしまい今はもう使われていない吉里吉里駅

DSC_2536

↑ 線路が流されてしまった橋(吉里吉里駅の隣の波板海岸駅から撮影)

1441686955667

↑ 昭和8年の地震の際の碑

 

 

 

陸前高田~気仙沼


翌日の炊き出し会場である,宮城県南三陸町に向かう道中,陸前高田市及び気仙沼市を訪ねました。

陸前高田市と言えば,大津波が来る中唯一倒壊せずに耐えた「奇跡の一本松」が有名になりました。

1441682083462

↑ 奇跡の一本松を気仙川対岸から撮影

これだけ聞くと良い話なのですが,地元の方からお話を伺うと,津波が来た時に津波で押し流された大量の松によって家族の命や自宅が失われたために一本松を見て思い出してしまうという方も多くいらっしゃるようで,保存することについての賛否が分かれているようです。なお,多額の費用をかけて一本松を保存する理由の一つとして一本松を見に来る観光客を誘致するため,というのがあったようですが,日曜日にもかかわらず私が訪ねた際にはあまり観光客はいなかったように思います。

 

また,その一本松の近くにあるガソリンスタンドの看板にこのような記載がありました。

DSC_2540

 

「津波推移15.1M」

5階建てのビルと同じ高さです。想像しただけでも体が震えます。

 

また,気仙沼市では復興屋台村に行きました。芸能人がたくさん来られているようでたくさんの写真とサイン色紙がありましたが,今は寂れているように感じました。実際に,日曜日であったにもかかわらずお客さんがまったくおらず,お店も半分以上が閉まっていました・・・。

DSC_2544

 

南三陸町


南三陸町では,「志津川中学校グラウンド仮設住宅」に伺いました。文字通り中学校のグラウンドの一部に作られた仮設住宅団地です。

DSC_2558

↑ 学校の校舎側からグラウンドを撮影

11960028_650428378393963_8264256377139688685_n

↑ 仮設住宅から学校の校舎を撮影

DSC_2548

↑ 集会所内にある全国各地からの手紙

DSC_2560

↑ この写真は高台に建っている中学校から海側を撮影したものですが,津波はこの高さの半分くらいまで来たそうです。

11923615_650428681727266_1810788177307753093_n

↑ 少し角度は違いますが,震災前の写真です。

 

この日は月曜日だったため,お越しになった方は年配の方と就学前のお子さんたちでしたが,皆さん美味しく召し上がられており,中には何杯もおかわり&持ち帰りまでされる方が続出で大盛況でした。

当日の炊き出しの様子はこちら
 

また,お子さんの年齢を聞くと4歳。震災が起こったのは4年前。つまり,生まれた時からの記憶がずっと仮設住宅ということになるんですが,そのようなことを感じさせない元気いっぱいな笑顔に一緒に暮らしている年配の方も救われているようです。

DSC_2557

↑ こちらは「みっちゃん」というとっても可愛い女の子なんですが,誕生日を尋ねても「個人情報だから教えなーい」と言われてしまったので,個人情報が漏れないよう「いないいないばぁ」の「いないいない」のところを激写した写真を載せておきます(笑)

 

その後,最後まで避難を呼びかけ,庁舎に残っていた職員30名のうち20名が亡くなった防災庁舎を訪ねました。

DSC_2563DSC_2565

手を合わせ,線香をあげさせていただきました。

 

 

帰りに寄ったお土産屋の店員さんが仰っていましたが,たくさん観光客の人が来てくれるけど,人によっては「もう大分復興したね」という方もいれば,「まだまだこれからだね」という方もいるようで,訪れる方によって復興への印象の度合いが違うそうです。ただ,正直なところ,現在の南三陸町を見て「大分復興したね」と思う方は100人中5人もいないと思います。

 

ちなみに,炊き出しに使うキャベツが少し足りなかったので,近くのお店に買いに行ったのですが,近くにはそもそもお店自体がなく,最終的にキャベツに辿り着いたのは探し出してから45分,走行距離にして15キロ,4件目のお店でした。名古屋市内にいれば,キャベツを買いたいと思ったら車で5分圏内のどこかのお店で買えると思います。そのような当たり前に思っていることができない状況なわけですから,到底復興したとは言えないでしょう。

 

すでに震災から4年以上が経ち,3/11のような区切りの日は別として,それ以外はほとんど報道されなくなってしまいました。しかし,現地を訪ねると,依然復興までの道は長いことを感じさせます。

 

今回は,たまたま知り合いの社長さんが企画された炊き出しに私は乗っけてもらっただけに過ぎませんが,今後も震災を忘れることの無いよう,また,震災を教訓として生きていけるよう今後も東北地方を訪ねたいと思います。

コメントは受け付けていません。

4月 21 2014

上限金利20%→29.2%?

報道によれば,自民党が貸金業法の改正を検討しており,現在の上限金利である20%29.2%に引き上げようとしているそうです。 

ニュース記事 
 
77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_m

その理由としては,消費税増税による消費減少の対策として,金利を上げれば審査が少し緩くなり市中にお金が流れるので,それによって消費をしやすくしようということだそうです。

住宅ローンや自動車ローンであればまだわかりますが,「できる限り無駄な消費をせずに節約して生活してください。」とアドバイスをしている弁護士や司法書士などの専門家や消費者団体などは「高金利で市中にお金を流して消費を促す」という政策に賛成はできないわけで,今後多くの反対の声が上がると思われます。 

※4/23追記
反対の声明が出されていました。
全国クレサラ・生活再建問題対策協議会声明(PDF)
 
 
 

さて,この報道を受けて,本日(4/21)に消費者金融や信販会社などの株価が上がっており,アイフルに至っては一時ストップ高まで値上がりしました。

ヤフーファイナンス記事

アイフル株価 
 

そんなアイフルですが,他の大手業者(アコム・プロミス・レイクなど)と異なり,銀行系ではない独立系の業者であるため銀行に傘に入ることができず,平成21年に事業再生ADRを行い,債権者の協力を得て事業の立て直しを図っています。 

その立て直しの一環として過払金の返還額を極力抑えるよう厳命をされているようで,任意の支払いでは大幅な減額を,訴訟をしても判決が確定しないと返還されません。交渉においても訴訟においても,「アイフルが危ない」という週刊誌の記事など様々な資料を提出し,「事業再生ADRで再建を進めているような状況であり,このままだと倒産してしまう。もし倒産したら武富士よりも返還額は少なくなるような状況なので今のうちに減額して和解してくれ」と交渉をしてきます。 
 
 

最初に戻り,上限金利を引き上げるという報道を見ると,「健全経営だと認可された貸金業者に限り顧客から受け取れる金利の上限を現在の20%から、2010年まで適用していた29.2%に戻す方向」とのことです。

ニュース 

事業再生ADRという私的整理を行っている以上,現状のままだと健全経営だとは思えませんので,アイフルの株価が一時ストップ高まで上昇したということは株式市場ではアイフルが事業再生ADRを終了して上記認可の申請をすると踏んでいるのでしょう。

もし,アイフルが上記の認可の申請をするようなことがあれば,「このままだと倒産してしまう。」というような状況にはないということですので,今後は過払金は早期に満額を返還してもらえるということになるのでしょうか。気になるところです。 

まぁ,アイフルについてはさておき,上限金利が上がるという問題については日常生活に関係した重要な問題であるため今後の動向に注目ですね。

コメントは受け付けていません。

2月 13 2012

「ナニワ金融」アウト!

20年以上前,モーニングという雑誌で「ナニワ金融道」という漫画が連載されていました。普通のサラリーマンである灰原達之がマチ金である「帝国金融」に就職し,金融業を通じてトラブルを抱えて生きていく人々の人間模様を描いている漫画です。
私が初めて読んだときは司法書士という職業を知らなかったんですが,最終シリーズで女性司法書士が仮処分の申立書を作成しただけで15万円程度の報酬を請求しており,なんて儲かる商売なんだと思いました(実際には,申立書の作成のみで15万円なんていう報酬をいただくことはあり得ません)。 

 

そのナニワ金融道は,遙か昔に連載は終わっており,作者である青木雄二さんも9年ほど前に亡くなっています。ところが,そのお弟子さんと思われる方々が5年ほど前から「新ナニワ金融道」として,続編を描いており,主人公の灰原は,帝国金融時代の先輩である桑田が代表を務める「ナニワ金融」に就職し,金融業を通じてトラブルを抱えて生きていく人々の人間模様を描いています。 

 

さて,この漫画に出てくる「ナニワ金融」は,貸金業登録はしていても,実際にはほとんどお金は貸しておらず,倒産した金融業者等から債権を譲り受け,その回収を主な業としております。そして,その漫画でも説明がありますが,債権回収を業として行えるのは,弁護士,認定司法書士(ただし,140万円以下)を除けば許可を受けたサービサー(債権回収会社)のみですので,その許可を受けていない貸金業者が債権回収を業として行えばサービサー法違反で犯罪となります債権管理回収業に関する特別措置法33条1項)。 

 

 

ここまで前振りが長かったんですが,まったく同じ事をやって逮捕,起訴された方がおり,最高裁まで争ったそうですが,やっぱり負けたそうです。
最高裁サイト
判決全文(PDF) 

 

漫画の世界は所詮フィクションですので何だっていいんですが,現実でこれをやってしまうとやっぱりアウトです。
なお,同じ青木雄二さん関連で「カバチタレ」という漫画もありますが,あれも実際にはアウトだと思います。漫画に書いてある通りのことをすると,犯罪になることもありますので,気をつけてくださいね。

コメントは受け付けていません。

5月 19 2011

住宅を売却したうえで個人再生したらイカンのか!(怒)

今回の内容の90%くらいは愚痴ですので,あまり面白くないと思います・・・。 

 

法的手続によって債務の圧縮を図る場合,大きく分けて自己破産個人再生があります。

これらの手続にはそれぞれメリット・デメリットがありますが,自己破産と個人再生を比べたときには次のようになります。 

 

<自己破産>
メリット
→借金が全て無くなる。 

デメリット
→住宅を残すことはできない。
→破産手続中は一部の職業に就けなくなる(職業制限)。
→浪費やギャンブル等の借入がかさんで借金が増えていったような場合には借金が免除されない(免責不許可事由)。 

 

<個人再生>
メリット
→住宅ローンが残っている住宅については残せる場合がある。
→職業制限がない。
→免責不許可事由もない。

デメリット
→借金全額は免除にならず,最低でも100万円は支払わなければならない。 

 

ですので,自己破産と個人再生の選択についてのキーポイントは, 

 

①住宅を残したいのかどうか
→住宅を残したいということであれば個人再生しかない。

②職業制限があるかどうか
→職業制限のある職業に就いている場合は個人再生しかない。

③免責不許可事由がてんこ盛り
→少しの浪費等であれば免責されないことはほとんど無いと思いますが,「すべての借金がパチンコです!」というような場合には,自己破産だと通らない可能性があります。 

 

の3つとなり,上記3点に該当しないのであれば,経済的合理性で考えれば借金が全額免除される自己破産の方が良いということになります。
もちろん,上記3つの事情が無くても法律上個人再生ができないわけではないので,様々な理由から自己破産ではなく個人再生を選択しても別に良いわけです。 

 

例えば,

「全額は支払えないけど100万円だけでも返済したい
「自己破産よりも個人再生の方が自分自身の精神衛生上良い」
「万が一,近所の方に知られたときの世間体のため」

など,理由はいくらでもあると思います。
そして,私はそれはそれで個人再生を選択する十分な理由になると思っていますので,いくら自己破産の方が得だと思っていても,依頼者の方がしっかり検討されたうえで個人再生を選択されるのであれば,それを否定することはありませんし,むしろそのご希望を叶えることが私の仕事だと思っています。 

 

 

というようなことを,とある場所で話したら他の弁護士や司法書士から「家を売却するのに個人再生をするとか意味がわからない。自己破産が原則なんだから,上記のような3つの事情が無いのであれば自己破産すべきだ。」と多くのバッシングを受けました・・・。 

 

でも,それこそおかしくないですか?
弁護士や司法書士は,あくまで依頼者からご依頼を受けて業務を進めていくのであって,依頼者の意思決定を否定して自分の考えを押しつける権限なんてありません。
もちろん,依頼内容が違法であればそのご依頼を進めることはできませんし,そもそも不可能(無職だけど再生したい等)であれば進めることはできません。
また,依頼者が手続の内容を誤解して判断しているのであれば当然ながら正しい説明をしたうえで「私としてはこっちの手続の方が良いと思いますよ」とアドバイスをすることはむしろ義務だと思いますが,依頼者がしっかり理解した上で手続を選択したのであれば,それを強引に別の手続に変更するのは越権行為だと思います。 

 

例えば,夫が浮気をして妻にバレたとします。妻は夫に対して離婚を請求するとともに慰謝料や財産分与を求めることもできます。ただ,これらはすべて権利ですので,「一度だけは・・・」ということで,夫を許しそもそも離婚自体を請求しない人もいるでしょうし,はたまた離婚は請求するけど,慰謝料までは請求しないという人もいるでしょう。もちろん,離婚を請求した上で慰謝料も財産分与もガッポリいただきますよ!という人もいるでしょう。

当たり前ですが,これらの権利のうちどれを求めるかは妻が決めるべきであって,相談を受けた弁護士等が決めるわけではありません。 

 

これと上記の自己破産か個人再生の選択も同じではないでしょうか。全額は払えないけど100万円だけでも払いたいんだ,というご希望があるんであれば自己破産ではなく個人再生を選択してもいいですよね。
私は,上記弁護士等の言い分がさっぱり理解できません。

他の弁護士の感覚が普通なのか私の感覚が普通なのかわからず,このブログで愚痴ってしまった次第です・・・。

6コメント

Next »

Copyright © 2005 Hanamizuki. All Rights Reserved.